くがっつ

2年前、新宿のゴールデン街でバイトしてた事がちょろっとあって、その頃私は絶賛大学留年中で、毎日がめっちゃホリデーであり暇、気力体力共に持て余してたので、将来が不安、あまりの見えなさに半ば諦めてドッシリ構えて未来を待ち構える日々を送ってたんですけど。こないだ久しぶりにゴールデン街に飲みに行って、ブワーーーーーとその頃の不安とか焦りとか、どうしようもない気持ちとか、その当時好きだった人のこととか全部鮮明に蘇ってきて、驚きと同時に人生の醍醐味〜〜!!!!と思いました。

2年前のことが大昔の事のように思えるけど、たったの2年、と思うと己の伸び代を感じて、シメシメ、頑張っちゃうぞ!と思えるし、歳を取るのも悪くないなと思える。いつだって未来の私が過去の私を爆笑しながら抱きしめてあげられるように生きるべし。

大人になったら当然のように出来るようになってると思ってた色々な事、例えば車の免許を取って運転をするとか、ルブタンの靴を履いて颯爽と歩くとか、一人暮らしをするとか、住民税を払うとか、結婚とか。

車の免許は取る取る詐欺でもう取りたいという気持ちは薄れつつあるし、ルブタンの靴は多分履く機会が無いのでもったいなくて買う気が起きないし、ていうかヒール履かなすぎて生まれたての子羊みたいになっちゃうだろうし、都心に引っ越してから一人暮らしする必要性がすっかり感じられなくなってしまったし、住民税の催促状が届いてたんですけど、なんなん…?私払えてなかったんですか…?お給料から引かれてなかったんですか…?なんなんですか…?なんで固めの文章で催促してくるん…?怖い…速やかに支払わないとヤバい気配がすごい…これどこに支払いに行けば良いんですか…?支払いに行った時怒られたらどうしよう…怒らないでほしい…し、結婚はなんかまあ死ぬまでに1回ぐらいできたら良いな〜〜みたいな大らかな気持ちになってきたし、大人に対する熱い想いみたいのが良い感じに薄れてきましたので、それはそれで生きやすくなりました。

それでもやっぱり日々のチマチマとした嫌な事、しんどい事、理不尽な事、不慣れな事が積み重なって、泥酔のタイミングと上手く被ると引くほど大泣きしてしまうんですけど。

大人向いてないな、と思う事がたくさんある。けど、大人になって良かったなと思う事もたくさんある。自由度がすごい。責任度も全部自分だから全部納得できる。あーーーーーって思える。あと好きな人や好きなものがどんどん広がっていく、繋がっていく、増えていく。この調子でもっと好きだらけにして、最高に囲まれて死にたい。

何が言いたいかというと、9月30日は私の生誕記念日なので、沢山のプレゼントをお待ちしております。いくら一粒から承ります。

 

 

ハロハロ

別に死にたいわけじゃ無いけど、なんなら割と生きたい、生命力は強めなんだけど、今ここで飛び降りたら死ぬかな、飛べないのは不便だなとか考えてボーッとしてたらタバコの灰が燃え尽きて中指を火傷。痛くて嫌になっちゃう、全然死ねる気配なし!と。

朝起きて、仕事に行って、帰って、走って、お風呂に入って、マッサージをして寝る。という淡々とした生活に慣れてきて、生活をしてるなあ、としみじみ思う。生活をしてるなあ、と思うことの一つとして変わったなあと思うのが、掃除片付けで、昔は掃除も片付けも嫌い、というかめんどくさくて、溜まったらボチボチ片すというポイント制を採用していたのですが、最近はもう小まめに掃除、片付け、洗い物、洗濯、目について時間があればなるべくするようになった。なぜか。考えて見たところ、生活が苦手だからという結論に至りました。生活を愛しているからこその掃除片付けではなく、生活が苦手ゆえの掃除片付け。生活をなるべく見ないように、無かったように、居なかったようにするのを目標にせっせと部屋の物を無くし、食べた痕跡を洗い流し、洗濯物は即畳んでしまう、ということが出来るようになった。昔は生活なんてちゃんと出来なくても、なんとなく起きてなんとなく学校とバイトにとりあえず行けばオッケー状態だったので、さほど生活に興味がなかったのでしょう。

直面してしまった、切っても切り離せない生活との向き合いによって、私は突如似非綺麗好きに成長を遂げたのである。あはん。

生活なんて全然苦手なので、もう私のことは赤ちゃんだと思って接してほしい、ほら!思い出して!赤ちゃんだよ〜!とお母さんにバブみを出して見たところ、可愛くないから嫌だと拒否されました。進化するごとに可愛げが無くなっていったであろうに、よくぞ耐え抜いた。と母上を褒めたい気持ちで胸がいっぱい。

人間の基礎レベルであろう生活が苦手なのに、就活(死んでた)恋活(死にそう)婚活(死ぬんだと思う)妊活(滑稽)そしてフィナーレを飾るのは終活…(死!!!!!)この私にちゃんと出来るのでしょうか。

あ〜面白かった!って思いながら死にたい。多分だけど全部ボロボロではちゃめちゃに面白くしてあげるから待ってろよ、という気持ち。とりあえず目下の目標はノリノリで恋した上での、めっちゃホリデーしたい。夏なので。それが無理なら、みんなの夏休みを半日ずつ吸い取る妖怪になりたい。夏なので。

夢金

1500円の苔玉を買おうかどうかここ1ヶ月ぐらい悩んでるうちに、タクシーは1ヶ月の間ですでに3回ぐらい迷わず乗っていますので、苔玉ザッと3個は買えてる。でもまあ、とりあえずタクシー初乗り安くなってまじ感謝。我が家の立地にまじ感謝ってことで甘んじて受け入れます。今まで、いやだせえ〜〜と思ってたけど、最近になって日本語ラップにハマってしまったのですぐ感謝してしまうんですわ。いつ何にハマるかまだまだ分かりませんね。

最近はなんかもうジタバタすることも、何がしたいのか悩むこともなくなって、仕事に行きたくないよ〜〜と全力で駄々をこねることもなくなり、慣れて、かなり平和に過ごしてるんですけど、良いけど、良いの?それ良くない?良くなくなくなくなくなくなーい?

何かをしようと模索して考えてジタバタしてとりあえずまあやってみよ!つってやってみるとか、常に何かを選び続けてたい、迷いたい、決めたい全部自分で。

人生をなんとかしようと動き回ること。色々試してみること。と、お父さんに言われたので名にかけて!ああ、もっと遊ばなくっちゃ、倒れるように寝て、毎日を使い切らなくっちゃ。そういうわけで、身体を使い切りたくて走るのに夢中。ちなみに私はワンデー使い切りのカラコンをケチって何デーも使いまくる女です。どうぞお見知り置きを。0になって寝て100で目覚めたい。

細胞が入れ替わってるという話がとても好き。希望を感じるので。

 

くじらの巣

あーもー無理です!疲れた死ぬ!っていうかなんで私が死ななきゃいけないの!そっちが死ね!みんなが死ね!という気持ちのときには、口を開けば疲れた眠たいもうやだしか言えない口には開けないように、甘いものを突っ込み、気持ち良いタオルでサッサと包んで速やかに寝かせてくれたら良いのに。そのままレンジで3分。はい出来上がり。

性根がねじ曲がってしまっているので、優しくしてくれる人に対してワガママを言って、困らせて、トゲトゲした言葉を吐いてしまいたくなる、嫌ってくれたらいいのにと思う。それでも優しくしてくれればいいのに、そしたらキレるのに。

まあ実際はそんなことはしないし、したくないので黙るしかないのだけど。沈黙は金なり。いなり。いなり寿司食べたーいなり。

必死に生きないとやだ意味がない、息がしたい止めたくない

そいやっさ!

あともうちょっとあともうちょっと、だから早く来月にならないかなといつも早く早くと思ってしまう癖なんとかならないかな。

あともうちょっととは、何が、何に向けてあともうちょっとなのか自分でもさっぱり分からない。

あともうちょっとで何ですか、痩せてガリガリパーフェクトボディーになれるから早く来月になってほしいのか、あともうちょっとで何もかも上手くいくような気がするからあともうちょっとなのか、あともうちょっとでお給料が入ってまた好き放題に散財のためのもうちょっとですか。

今あることに感謝しましょう、無い物を探さないようにしましょう、あるものを見ましょうとは言うけれど。っさー!ねえ!本当に!そんな仏のような気持ちで果たして楽しいのでしょうか!平和ではあろう。間違いなく心に訪れるであろう平静が。そんな平和に暮らしたい気持ちが月一ぐらいで訪れるんですけど、それが終わるとつまんねーーーー!!!もっと!なんか!分かんないけどもっとなんか!となってしまう。とここまで書いて正体が分かりました。生理か。ホルモンバランスかよ、ということも無きにしも非ず。

でも私に無い物なんて無いような気もする、分かんないからあともうちょっとって思っちゃうよ、神様ワガママでごめん。と思いながら毎朝駅前の神社にペコっとしてから出勤してるよ。今度ちゃんと参りますので何卒よろしく。

大学生の頃、と言ってもたった2年前のことだけど、昔は曇りとか雨が本当〜〜〜〜に苦手で嫌いで憂鬱になるから嫌で、梅雨なんてなくなれば良いのになと思っていたけど、最近はなんとも思わなくなってしまったのは慣れですか、何かが鈍化してしまったような気がしてちょっとだけ寂しい。

雨が降ると小学校の雨の日の暗い教室を思い出して、ついでに雨が降るといつも泣き出しちゃう男の子がいたことを思い出して、いつだったか私が何をしてたのかも思い出せないけど、校庭の景色と昼なのに電気が付いてる教室と雨の匂いと泣いてる男の子のことだけ、クッキリ思い出せる不思議。あの同級生はもう泣いてかな、泣かなくてもまだ悲しい気持ちにはなるのかなと思う。名前も忘れたけど。

忘れたけど思い出せる匂いがあるのは不思議でいつか今の匂いを思い出す日が来るのかしらと思うと深呼吸スーハー。

匂いで思い出すことは多くあれど、肝心の匂いを思い出すことは至極困難を極めます。イトーヨーカドーの緑の包装紙の匂いとか。すごく好きなんですけど、あれ香水にならないかな。

寒くない?

今日はもう本当にとにかく眠くて眠くて眠くて眠くて泣きそうだったのに、まだ起きてる。不思議ですね。

仕事中眠すぎて、ベビーカーですやすや眠る赤ちゃんが羨ましすぎて、まあ赤ちゃんだったらさすがに私にも備わる母性がね、疼くといいますか、可愛い…と思うんですけど、ちょっとデカめのやつ、お前はもう完全にベビーではないだろってサイズ感のやつが、ベビーのカーに堂々と鎮座してこっちを見てくるわけ。

もう悔しいよね。そんなの私だって乗りたい。サイズ感的にややベビーではないやつを引きずり下ろし、その隙に乗り込み、パパ!ママ!20年後のベビーでちゅ〜〜!!つって乗り込みたい…そして寝たい…ってずっと考えてたら退勤って感じの1日でした。

昔はベビー及び子供が泣き叫んでるのを見ると、うるさ…と思うような冷酷な人間だったのだけど、最近は微笑ましく見守ってしまってる自分がいて、もしやこれが母性…!?もしかして…!?できちゃった…!?と思わずお腹撫でちゃったよね。お昼に食べたチャーハンですごい膨れてた。あーこれは確実にチャイナだなって。やっぱり全部食べないで残すべきだったな〜余韻がすごいな〜つって。

余韻に浸りつつ、夜はしっかり近所のインドカレー屋さんに行き、おわカレーしてきた。

引っ越すからね。お別れだけにね。オワカレー。寂し…今日は窓閉めて寝ようね。

春はゆるふわ、夏はギャル、秋はモードで冬はお姉

夏の夜が好きなんですけど、夜はまだ夏じゃないですね。これがあれ、肌寒いというやつ。

ねー何着て出かけたら良いんですか、出勤汗だく帰りは鳥肌なんですけど最近。

特に書くこともないんだけど、ツラツラツレヅレなるままに何か書きたい気分になりました。

こういう時に恋文を綴る昔の人はなんてロマンチストなの…和歌とか書いちゃう…?

自分が恋い慕う人を想い、胸を焦がして、半分正気の沙汰ではない状態で書いた和歌がうっかり死後も大事に保管され、末代に渡り読み続けられることの恥ずかしさときたら溜まったもんじゃないだろうな。想像を絶する恥ずかしさ。お願いだからやめて欲しい、授業で紹介しないで欲しい、暗記とかマジ勘弁。

さてそうだ夏のことが書きたかったんですが、ていうか夏って漢字がもう好きなんですけど、もう見るからに絶対夏じゃない?漢字が読めなくても、あーこれはーサマー?ってなると思う。多分なる。私がアメリカ人だったらこの字体に絶対サマーを感じてしまう。

あと夏だけちょっとホリデー感強くないですか?ちょっと弾けちゃおうぜ!みたいになりがち。普段はビールを片手に土手をうろちょろな私ですら、カクテル片手に浜辺ウォーキングしとくか?という気持ちになってしまう。恐るべし夏。したことないですけど。

所謂サマーも良いですが、日本の夏!!蚊取り線香!!!みたいな感じも風情があってとても好き。色々とドラマチックなので夏大好き。入道雲超可愛い。

今年の夏はサマソニに行くのと、滝に打たれに行くのと、ビアガーデンがとっても楽しみ。他にももっともっと楽しい予定が増えるんだろうな〜うふふ。

いっぱい遊んであっという間に秋になるんだろうな。秋になると今度は服がピークで楽しい季節になるからそれもまた良し。楽しみがいっぱいあることは本当に良いことかな。